Milliman Impact magazine

 

ミリマン・インパクト:ビジネスリーダーのための実用的洞察力 (英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

アウトソーシングの付加価値

様々な要因から、アウトソーシングが保険会社にとって、とりわけ生命保険事業にとって魅力的になっています。今世紀の初めごろから、競争、統合、低金利、規制面の圧力が全て、アウトソーシングを世に広める役割を果たしています。アウトソーシングは、閉鎖勘定の契約のソリューションとして高い評判を確立しました。また、現在も販売中の契約や増加中の契約に対しても大きな恩恵をもたらします。


再保険:戦略を最適化

再保険は、保険会社にとってますます重要な分野になっており、効率性を追求するオプションが増え続けています。現在、多くの保険会社が、従来よりもはるかに洗練された再保険の手法をとっています。


保険会社のサイバー・ディフェンスを強化

サイバー保険市場は、引き受ける契約という点でも、ビジネスや社会がサイバー・セキュリティーを管理する支援をするに当たり保険が果たすことのできる潜在的に不可欠な役割においても、保険会社との関連性がますます高くなっています。サイバー保険は、現在、急速に伸びている保険種類の一つです。保険会社に対するかつてないサイバー攻撃やサイバー保険市場拡大の時代に、保険会社のサイバー・セキュリティー・リスクの対応策を示すに当たり、米国の保険監督官が先頭に立っています。


サイバーリスク規制:ディフェンスの最前線

サイバーリスクは、従来に比べて保険会社の契約の大きな部分になってきていますが、課題も伴います。保険会社は、過去のデータの欠如や集中およびシステミック・リスクの脅威に取り組んでいます。同時に、規制当局や格付機関が、保険会社のバランスシートや業界の評判にサイバーがもたらす潜在的なリスクを一層認識するようになっています。


サイバー・セキュリティーの荒海を進む

様々な組織が、多くの個人情報違反や個人情報関連の規制強化により、サイバー・エクスポージャーをより真剣にとらえるようになっています。テクノロジーへの依存が増加すること、特に物理的に自動化するプロセスがデジタル化されているため、サイバー保険市場の伸展が予想されます。保険会社は、サイバーリスクにつきものの巨大なシステミックかつ集中的エクスポージャーを打開する手立てを見つけなくてはなりません。


アジアの投資家:東から出現

かつて、欧州保険市場における買収の大部分はヨーロッパの保険会社によるもので、時に他の西洋の保険会社によるものでした。アジアからのバイヤーの興味はほとんどなかったのですが、その状況は変わってきています。アジアの投資家は、適切な企業に対し、その資金を大胆に使っています。彼らは西洋の保険会社が必要とする資金を有しており、その将来に進んで投資し、アジアの国内の市場で期待されるリターンよりもよいリターンを実現します。


もし、経済のボラティリティーが保険会社を圧倒したら

保険会社および再保険会社は、急速に変化している自社の引き受けるリスクの性質を理解するため、数多くの専門家を利用しています。政治家や社会が金融業界に対するより厳格なコントロールを要請するため、規制もまた役員レベルのリソースを消耗させます。政策も同様です。こうした課題の全てが、ソルベンシーIIの実施による規制圧力により、今やいっそう焦点が絞られています。しかも、それらは独立で存在しているのです。


ミリマン・インパクト:2014年夏

これには、以下が含まれます。

  • 生活費: 高齢者人口の増加は、退職という概念の再評価を迫っています
  • 20/20ビジョン: 保険負債計算の自動化は、保険会社に求められる報告という頭痛の種に特効薬をもたらします
  • しっかりと理解: 真のビッグデータからの知見は、効果的な戦略と確固とした分析を組み合わせます
  • 隠された宝: 既存の保険契約から生じる価値を最大化
  • 将来に向けた適合: 長期金融商品は、顧客の要求についていけるか
  • 方向転換: 保険会社は長引く低金利環境にどのように適応できるか

次のステップ