自律走行車の製造メーカーがリスク管理のために用意すべきSPLASh (Supplier Product Liability Autonomous Share)(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Christine K. Kogut |  2016年8月17日

完全自律走行車市場への道のりは、多くの人にとっては、長く不規則な道のりに見えます。しかし多くの人の受け入れ準備が整うよりも速く現実になりそうです。IBMやコダックなど多くの他の企業が急速に変化する市場に一度は直面したように、今や私たちも、おそらく自動車の発明以来見たことのない自動車市場の混乱に直面しています。人であるドライバーからシステムやソフトウェアへと責任が移るのに伴い、最初の自律走行の死亡者について最近の報告で取り上げられたトレンドによると、元の機器製造メーカー(OEM)が自動車関連保険リスクの主たる保有者として注目を浴びるようになります。メーカーがこのリスクをどのように管理するかは、今後の自律走行車市場の成功と受け入れを左右する要因となります。

Authors

トピック