長期介護ファーストプリンシプル・モデリング:死亡率前提条件

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Allen J. Schmitz, Andrew H. Dalton, Daniel A. Nitz, David Weizeorick |  2016年6月27日
本記事は、長期介護(LTC)ファーストプリンシプル・モデリングについてのミリマンのシリーズの続きです。 本シリーズ最初の記事は2016年3月にリリースされ、本トピックスを紹介し、その後に続くケーススタディーを論じるシリーズの舞台を設定しました。本記事は、LTCファーストプリンシプル・モデルで使用する死亡率前提条件の策定を検証することで議論を継続します。導入編では、健康な人と障害のある人で死亡率前提条件を分けて策定することは、ファーストプリンシプル・モデリングを採用する会社固有の課題を創り出すとしています。本記事は、こうした課題をより詳しく調査し、それを克服するためにどのように当該保険会社と協力してきたかを論じています。同時に、ファーストプリンシプルで死亡率をモデリングする拡大アプローチに伴う長所や機会についてコメントしています。

Authors

トピック