保険金詐欺とソーシャルメディア(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Leah Windt, Michael A. Henk |  2016年7月20日

保険金詐欺は、驚くほどの財務的影響を伴う大きな問題です。純粋に分析的または定性的アプローチで不正を調査することは、保険会社にとって有益ではないかもしれません。非常に多くの保険金受領について個別に調査することはできません。これこそデータ分析が有益な分野です。大量のデータを調べて潜在的保険金詐欺に注意を与えることができるためです。しかし分析のみでは調査官に詐欺を証明するに足る十分な証拠を与えることはできません。今後は、調査官が不正行為を証明できるより重要な証拠を示す機会を提供するソーシャルメディア調査などのより定性的アプローチに取り掛かるのです。保険会社は、会社や誠実な顧客を守るためには、不正を暴くことについて戦略的かつ積極的でなくてはなりません。

本記事を読むまたは印刷する

Authors

Leah Windt is a casualty actuarial intern at Milliman. She is an actuarial science, risk management & insurance student at the University of Wisconsin – Madison. She can be reached at lwindt@wisc.edu.

トピック