日本のレセプトデータ分析に基づく多発性硬化症の治療および医療費の現状(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Hiroyuki Ohta, Izumi Kawachi, Kazuyoshi Otake, Mieko Ogino, Shinzo Hiroi, Kosuke Iwasaki, Yujiro Otsuka |  2016年4月4日

日本における多発性硬化症の症例は、近年確実に増加しています。本研究では、レセプトデータベースを利用することで、日本における多発性硬化症の患者集団、治療、費用に関する最新の情報をほぼリアルタイムで提供しています。本記事の目的は、日本の多発性硬化症患者に効果的な医療を提供するための治療プロトコルおよび手法を検討するため、政策立案者を支援することです。

本記事は、Clinical and Experimental Neuroimmunology に掲載されたものです。

本文はこちら

Authors

トピック