新たな醸造業向け保険の創造(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Rachel Neuville, Michael A. Henk |  2016年8月23日

洋服であれ、食事であれ、ビールであれ、人は選択肢があることを好むということは誰でも知っています。しかし、実際、つい最近までビールの世界にほとんど「選択肢」がありませんでした。禁酒法後の1979年時点で、米国にはわずか44の醸造者しかありませんでした。それだけではなく、米国の醸造者のほとんどは、似たような薄いラガービールだけを製造していました。時が経ち、より多くの人がビールに関して選択肢があったことを認識するようになりました。大手メーカーからビールを買う必要はなく、自分たちで作ることができたのです。大手メーカーがベストだと考えるビールのスタイルに限定される必要はなかったのです。スタウト、IPA、ラガーなど、様々なビール、つまり、異なる嗜好にフィットする様々なビールを醸造できたのです。とりわけ醸造技術に優れた人は、それを販売することもでき、それがさらに選択肢を増やしました。こうした新しい醸造業者は、醸造所を開設し、より高値でそのビールを製造し始めました。地ビールの誕生です。

本記事を読む、または、印刷する

Authors

Rachel Neuville is a casualty actuarial intern at Milliman. She is an actuarial science, risk management & insurance student at the University of Wisconsin – Madison. She can be reached at reneuville@wisc.edu.

トピック