開腹手術と低侵襲手術のコストの差(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Andrew Bochner, Kathryn V. Fitch, Tyler Engel |  2016年8月6日

低侵襲手術(MIS)と開腹手術の安全性と有効性を比較した多くの研究が、MISの方が集中治療期間も在院日数も短く、輸血率、再入院率、手術部位感染率、疼痛率が低く、日常生活や仕事に復帰するまでの期間が短いことを示しています。MISの利点を示す多くの証拠にもかかわらず、地域や病院によりその利用状況は大きく異なります。本調査は、一般的に行われる4つの外科手術について、民間母集団におけるMISと開腹手術の支払者コストの違いを分析するものです。

本記事は、Managed Care2015年9月号に掲載されたものです。

Authors

トピック