ソルベンシーII標準フォーミュラの適正性評価(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Andrew Kay, Sinéad Clarke |  2016年8月18日
標準フォーミュラの適正性評価は、ソルベンシーIIにおけるリスクとソルベンシーの自己評価(Own Risk and Solvency Assessment、ORSA)プロセスの主要要素です。本評価の一環として、(再)保険会社は、標準フォーミュラの元になる前提条件と比較して重要な違いとなるリスク特性を特定しなくてはなりません。本紙は、標準フォーミュラに反映されていないリスクの取り扱い、定性的評価、また重要な違いが特定された場合に何が必要かなどの主な課題を含め、この評価で求められる概要をまとめます。