2016年中間期ヨーロッパおよび日本におけるエンベディッド・バリュー報告結果:価値を生成(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Kenjiro Ito, Philip Simpson, Stephen H. Conwill, Stuart Reynolds, Takahiro Kinoshita, Takanori Hoshino, Tatiana Egoshina, Stephen H. Conwill, Takanori Hoshino, Kenjiro Ito, Takahiro Kinoshita, Tatiana Egoshina, Stuart Reynolds, Philip Simpson |  2016年12月16日
本中間期レポートは欧州保険会社の2016年中間期EV報告及び日本の保険会社の2016年3月期 EV報告をアップデートするものです。公表エンベディッド・バリュー(EV)結果は、2016年上半期の株式市場の伸びの低迷や長引く低金利などを反映して様々でした。過去18か月を通して、多くの欧州株式市場の指標の伸びが低迷し変動したことを示していました。こうした背景にもかかわらず、今回調査した保険会社は、全般的にプラスの新契約価値となっていました。

Authors

トピック