2015年エンベディッド・バリューの結果:欧州

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Richard See Toh, Philip Simpson, Stuart Reynolds, Tatiana Egoshina |  2016年9月14日

2015年もまた、厳しい市場環境の1年でした。上半期には金利が下落し、2015年下半期にいくらか回復は見られたものの低金利状態のままでした。これに、株式市場の不安定な低成長が加わりました。

ミリマンがレビューを実施した23社の結果によると、約30%がMarket Consistent Embedded Value PrinciplesではなくEuropean Embedded Value Principlesを使用し続けています。しかし、今や95%以上の会社がそのEV報告に何らかの市場整合的評価を用いるなど、市場整合的基準での報告に向けたトレンドが今もあります。

EV手法の3つの主要分野であるリスク割引率の設定、残余ヘッジ不能リスクのコストを含めた資本コストの引き当て、オプションおよび保証の時間価値の認識は、ホットトピックスの中心です。

Authors

トピック