怠惰な土曜午後を保険でカバー:娯楽の保険(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 William Carbone |  2016年4月20日

一般に、保険は大数の法則で管理され、被保険者同士、標準化された契約条件、数理面のアプローチの間での比較が可能です。これが娯楽の世界の場合、ほとんどの保険の内容は、各被保険者のユニークなビジネスモデルを考えると、個々の被保険者に合わせてカスタマイズする必要があり、数理面の前提条件は再評価する必要があります。娯楽の分野で業務を行う際には、一般に業界のベンチマークは存在せず、非標準的アプローチのニーズを作りだしています。

本記事は、 Insurance Journalに掲載されたものです。

本記事を読む、または印刷する