ORSAへの足掛かり:ソルベンシーII準備フェーズの先を見る(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Eamonn Phelan, Sinéad Clarke |  2015年8月31日

ソルベンシーII準備ガイドラインは、ORSA原則に基づくフォワード・ルッキングなリスクの自己評価(Forward Looking Assessments of Own Risk、FLAOR)に備えるよう保険引受会社に求めています。FLAORは、「最善努力」原則で準備することができるものの、ORSAの全面実施に向けて役立つ最初のステップであることは間違いありません。本調査レポートでは、欧州の多くの異なる国々において準備ガイドラインを満たすために保険引受会社が行った進展を調査し、様々な欧州の監督当局から提供されたフィードバックについてまとめました。また、2016年以降のORSAの全面要件を満たすために、準備フェーズ中に達成された進捗を基に取り得るステップについて論じています。