Life ILS:2014年を振り返って、そして2015年を見越して(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Alan J. Routhenstein, Steven I. Schreiber, Stuart Silverman |  2015年2月24日
米国の生命保険リザーブ・ファイナンスの市場にとって、2014年は変革の年でした。National Association of Insurance Commissioners(NAIC、全米保険監督官協会)は、保険会社に対し、規制プロセスに更なる統一性をもたせ、保険会社のリザーブ・ファイナンス取引に関する財務報告の透明性を一層高めるよう、大きく踏み出しました。NAICによる2014年のActuarial Guideline XLVIII(AG48)採択は、2015年以降に発効した契約に対して行われるリザーブ・ファイナンス取引に統一性をもたらすでしょう。また2015年には、AG48の条項を正式なものにする追加の展開があるでしょう。

Authors

トピック