Driving For Profit:英国の個人分野および企業分野の自動車保険市場に関する2014年の考察(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Derek Newton, Gary Wells, Jeffrey A. Courchene, Vincent Robert |  2015年7月27日

Driving For Profitの2015年版において、ミリマンでは英国の個人分野および企業分野の自動車保険市場の最近の業績の裏にある統計のレビューを行っています。

まず、英国の個人分野自動車保険市場の2014年の全社計業績は、税引前ネット保険比率で0.5%となりました。過去の本比率は、Direct Line Groupが保有する過年度分支払備金の大規模な取崩や繰入により大きくゆがめられてきました。Direct Line Groupを除くと、この数値は市場全体として2014年には税引前ネット保険比率で-0.7%と若干の損失で運営されています。

英国の企業分野の自動車保険市場の全社計業績(過年度分支払備金の取崩を含む)は、2014年には税引前ネット保険比率で-1.4%(2013年は-8.3%)と改善しました。2014年の業績が改善した理由は、当年度分営業損失の改善と、過年度分支払備金の取崩の二つの理由によるものです。しかしながら、この結果もまたDirect Line Groupによる過年度分支払備金の変動の影響を受けています。Direct Line Groupを除くと、本市場の2014年の全体の税引前ネット保険比率は-0.5%となっています。