標準フォーミュラの適正性評価:2015年調査結果 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Bridget MacDonnell, Andrew Kay, Mike Claffey |  2015年8月7日
アイルランド中央銀行のソルベンシーII準備におけるガイドライン(Central Bank of Ireland’s Guidelines on Preparing for Solvency II)は、2014年および2015年に全ての保険会社および再保険会社に対して自己リスクのフォワードルッキングな評価(Forward Looking Assessment of Own Risks、FLAOR)を求めています。中央銀行のPRISM格付けシステムで影響が高から中高と格付けされた会社のうち、内部モデルの適用準備中でもなければ適用プロセスにもない会社は、そのリスクプロファイルが標準フォーミュラのソルベンシー資本要件(Solvency Capital Requirement、SCR)の基になる前提条件から大幅に逸脱していないかどうかを評価することが2015年から義務づけられています。この要件は、2016年以降全ての会社に適用されます。2015年FLAORにおけるリスクプロファイルへの標準フォーミュラ適正性評価に関する会社の進捗状況を把握するため、ミリマンの調査への参加を同意した標準フォーミュラを適用する27社の回答を分析しました。

Authors

トピック