2015年中間期ヨーロッパおよび日本におけるエンベディッド・バリュー報告結果:価値を生成(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Richard See Toh, Kenjiro Ito, Philip Simpson, Stephen H. Conwill, Stuart Reynolds, Takahiro Kinoshita, Takanori Hoshino, Tatiana Egoshina |  2015年12月18日

2015年上半期の公表エンベディッド・バリュー(EV)結果は全般的にプラスとなり、平均すると2014年上半期に比べ若干増加しました。ほとんどの欧州株式市場の指標が2015年上半期を通して増加を示していました。

2015年上半期は、来るべきソルベンシーII規制制度への対応に注力していた模様です。

予想通り、中間期エンベディッド・バリューを公表した保険会社は年度末よりも少なく、その詳細度の点でも落ちました。ミリマンの2014年度末のレポートでカバーした欧州保険会社32社のうち、中間期結果を公表したのは10社でした。

Authors

トピック