2014年デリバティブ調査

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Krupal Rachh, Chunpu Song, Neil Dissanayake, Ram Kelkar, Victor Huang |  2015年3月31日

経済および規制環境の変化に直面する中、世界中の生命保険業界は、大きな変化を経験しています。保険会社は、歴史的な低金利、デフレ圧力、長寿化、激しく変動する経済指標に加えて、ソルベンシーII、Dodd-Frank法、欧州市場インフラ規制、並びにその他の規則改定を受けて、適応と進化を迫られています。多くの会社では、提供する商品を変更・単純化したり、事業から撤退したり、新規市場に参入したり、新たな販売手法を試したり、リスク管理実務を変更したりしています。

下記は、この調査から得られた主要な結果および考察の一部です。

  • 保険会社が直面する二つの有力な市場リスクファクターは金利リスクと株式リスクで、これらのリスクファクターに晒されていると回答した企業は、それぞれ98%と85%になります。為替、信用、長寿のリスクも重要なリスクファクターで、少なくとも回答した企業の三分の二は、それぞれのリスクファクターに晒されています。インフレリスクは、回答企業の間では世界的にもそれほど高くなく、このリスクファクターに大きく晒されているのは、39%のみです。
  • 株式、金利、為替に大きなエクスポージャーを持つ回答企業のうち、92%が3つのリスクファクター全てのヘッジにデリバティブを使用しています。
  • 回答企業の中でスタティックヘッジとダイナミックヘッジの内訳はほぼ半分で、グローバル企業の70%がスタティックヘッジを何らかの形を使用し、68%がダイナミックヘッジを何らかの形を用いています。多くの回答企業は、両方を組み合わせた形態を用いています。
  • 回答企業でのデリバティブ使用の目的は、英国以外の全ての地域では経済損益(P&L)のボラティリティ管理が最多ですが、英国では法定資本管理がわずかに上回りました。

Request copy of report

 

Authors

トピック