2014年エンベディッド・バリュー結果:欧州では価値を生成(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Richard See Toh, Philip Simpson, Stuart Reynolds, Tatiana Egoshina |  2015年8月5日

2014年、先進国は、またしてもその能力が試される経済状況の一年となりました。2014年の年頭から多くの経済地域で再び金利下降傾向が始まり、さらには株式市場の低迷も伴いました。

2014年4月、欧州保険・年金監督局(European Insurance and Occupational Pensions Authority、EIOPA)は、ソルベン シーIIの準備フェーズに向けた技術的仕様書(Technical Specifications for the Preparatory Phase for Solvency II)を発表しました。また、2014年10月、EIOPAは、ソルベンシーIIの実施規則を包含する権限委譲法(Delegated Acts)を採択しました。

32社に対するミリマンのレビューによると、約40%はMCEV Principlesではなく、EEV Principlesを使用し続けます。しかし、市場整合的基準での報告に向かう傾向も依然としてあります。

Authors

トピック