原則主義ベース責任準備金評価におけるポイントと課題(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 James G. Stoltzfus, Karen K. Rudolph, Uri Sobel, William M. Sayre |  2015年9月30日
発効予定をの2017年1月1日とする米国における原則主義ベース責任準備金評価(PBR)の正式採択が近付いています。本レポートは、新たな要件の対象となる現在のコーホートを代表するサンプルの契約ブロックについて検討しています。二次的課題として、平準払い定期保険契約およびユニバーサルライフ契約を想定して、Actuarial Guideline 48に規定された試算を行いました。ここから得られた考察は、今後、より広範なPBR実施に向けて整備を進める上で、保険会社がどのような事項を想定しておく必要があるのかを示唆するものです。

Authors

トピック