キャプティブのプライシング:正しい料率設定のカギはコミュニケーション(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Michael C. Meehan |  2015年8月3日

キャプティブ保険会社にとって、保険料率の設定は難しい課題です。あるエクスポージャーに対する保険料率が十分かつ適切であるかについて、多くの要因が影響を与え得るからです。付保されたリスクを適切に保険料率に反映するためには、アクチュアリーとリスクマネージャーの間に継続的かつ徹底的なコミュニケーションと情報交換が不可欠です。

本記事は、Captive Visionsの2015年7月号に掲載された記事の再掲です。