2014年上期エンベディッド・バリュー結果 価値の創出 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Richard See Toh, Kenjiro Ito, Philip Simpson, Stephen H. Conwill, Stuart Reynolds, Takahiro Kinoshita, Takanori Hoshino |  2014年11月18日
開示されたエンベディッド・バリュー(EV)の結果は概ね良好でしたが、2014年6月までの上期の損益は前年同期比よりも低下しました。市場が慎重になった理由は様々ですが、将来の金融政策が見通せないことや、不安定な経済成長に対処すべく行われた政府施策の有効性、あるいは全般的な景気への懸念などが影響したものと考えられます。こうした状況にありながらも、総じて今回調査対象とした会社の新契約価値は前年同期と比べて安定的でしたが、この結果EVの成長率は鈍化しました。今回のアップデートは、本報告書執筆時点までに開示された各社の2014年の報告書に基づき調査を行ったものです。

Authors

トピック