2013年エンベディッドバリュー結果:価値の創出(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Richard See Toh, Philip Simpson, Stuart Reynolds, Tatiana Egoshina |  2014年7月3日

2013年11月にオムニバスII指令書が欧州議会を通過し、ソルベンシーIIの実施に向けた実効的スケジュールと移行措置が一層確実になってきました。保険契約のための国際財務報告基準(IFRS)4フェーズII等その他の規制面の変更も、保険会社に迫りつつあります。

ミリマンが実施した32社のレビューに基づくと、約40%がEuropean Insurance CFO Forum Market Consistent Embedded Value Principles© (the MCEV Principles)ではなくEuropean Embedded Value Principles (EEV Principles) を使い続けています。一方、市場整合的基準での報告に向かうトレンドはあり、調査対象の会社に基づくと、今や95%を超える会社がエンベディッドバリュー報告の中で何らかの市場整合的評価を行っています。

本レポートは、エンベディッドバリュー(EV)計算、ミリマンの調査対象会社のEV結果や手法のまとめ、さらにEV関係の現在のホットな問題を概説しています。