血友病のアクチュアリアルな研究: 私的健康保険およびメディケイド・マネージドケア・プランへの示唆(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Melissa Fredericks, Bruce S. Pyenson, Kosuke Iwasaki |  2014年3月5日

オバマケアに伴うさまざまな変化が、ヘルスケアビジネスにとって新しい機会と新しいリスクを作り出しています。本紙では、稀な遺伝性疾患である血友病に関する医療費リスクについて論じます。血友病には独自の特徴がありますが、本紙で取り上げる論点は、規制当局、保険者、そしてサービス提供者が他の稀で費用がかかる病状に対する医療費の管理を検討する際にも応用できるものと思料します。

高額医療費がかかるリスクは、特に新しいものではなく、保険業界は何十年もこうしたリスクを管理してきました。しかしながら、支払限度額の設定、医的引受査定など、保険業界が慣れ親しんできた技術のいくつかは、オバマケアの下では認められなくなります。本レポートでは、メディケイド・マネージドケア・プランのような小規模保険者が血友病患者を引き受ける際の医療費リスクを計量化し、血友病患者はより大規模な保険者であるメディケイド本体で引き受ける方が合理的であることを示しています。

本レポートは、Baxter Healthcare Corporationから委託されたものです。