私的健保給付データを用いた鬱病のアクチュアリアル分析 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Kathryn V. Fitch, Kosuke Iwasaki |  2013年7月31日

うつ病(Major Depressive Disorder)は、米国の65歳未満の成人の1.5%が罹患している病気です。特に女性に多く見られます。これらの患者の中で、37%は抗うつ剤をまったく処方されていないか、十分な量の抗うつ剤を処方されていません。治療に成功すればその後の医療費も相対的に低く抑えられることがわかりました。

本レポートは、Takeda Pharmaceuticals U.S.A., Inc.およびLundbeck LLCから委託されたものです。

Authors

トピック