民間の被保険者における肥満:NHANESデータの分析(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Bruce S. Pyenson, Helen E. Blumen, Kathryn V. Fitch |  2014年10月28日

ミリマンは、国民健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey、NHANES)のデータを分析し、民間の被保険者における肥満とその関連併存疾患の有病率および有病率の変化を調査しました。

この調査では、NHANESに含まれるすべての18-64歳を対象に、人口特性データ、身体検査データ、血液検査データ、アンケートの回答に基づくデータから、2型糖尿病、前糖尿病、高血圧、冠動脈性疾患(CHD)、脂質異常症、睡眠障害、変形性関節症、喘息、鬱病などの疾病の有無とBMIとの相関を特定しました。

本報告書は、Takeda Pharmaceuticals U.S.A., Inc.をスポンサーとするプロジェクトの一部です。

Authors

トピック