民間の被保険者である統合失調症の患者に関わる財源利用と費用 (英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

統合失調症は、深刻な国民の健康不安であり、就労不能の主原因となっています。従来の複数の研究が、この病気が米国における直接・間接費用の年間600億ドルを超える経済負担に関係することを示しています。本レポートでは、統合失調症の患者の治療に関する毎年の長期的費用を保険者側の観点から分析します。

統合失調症は、米国の民間の被保険者の間ではそれほど広がっていませんが、本分析では、統合失調症の患者一人当たりの平均総保険金費用が統合失調症ではない人口調整後の対象者の平均総保険金費用の4倍を超えることを示しています。また、新たに統合失調症と診断された患者のコストは、入院費用が大きく、診断が行われた月の費用が最大となっています。

本記事は、American Health and Drug Benefitsに掲載されています。

本文はこちら