日本の資本形成の謎、その中での生命保険会社の役割(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Stephen H. Conwill |  2014年12月2日
日本の生命保険業界は、戦後の日本経済の復興期における資本形成に、重要な役割を演じました。1980年代には、生命保険業界の役割が変化しました。さらに過去20年間、日本の生命保険会社の資産の90%が日本の国債に配分されています。これは、日本経済そしてその先の持続性に、疑問を呈すものです。