ソルベンシーIIにおける資本管理:損害保険の視点(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Gary Wells, Jeffrey A. Courchene, Vincent Robert |  2014年11月11日
保険会社および再保険会社の間では、近年、資本管理にますます注目が寄せられています。必要な時にいつでも資本が調達できると想定できないこと、仮に調達できたとしても適正な価格ではないかもしれないことを金融危機が示しています。ソルベンシーIIは、保険および再保険の引受会社が法定必要資本を決定する方法を変えるものであり、この要件を満たすための資本形態に関する新たな規則を導入するものです。結果として、ソルベンシーIIは、引受会社に課題と機会をもたらします。本ペーパーの目的は、保険会社および再保険会社にとってのソルベンシーIIにおける資本管理に関するいくつかの主要な問題を示すことにあります。

Authors

トピック