米国医療制度改革とC型肝炎(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Bruce S. Pyenson, Kathryn V. Fitch, Kosuke Iwasaki, Tyler Engel |  2013年12月19日
C型肝炎は、米国ではベビーブーマー世代(1950年代生まれ)にのみ高い有病率を示す病気です。この病気は、ウィルス感染だけではほとんど症状はありませんが、肝硬変、肝臓がんを引き起こす怖い病気です。彼らがいよいよメディケア(米国高齢者向け公的健康保険)によって保障される年齢になってきたこと、新しいウィルスの治療法が開発されつつあること、医療制度改革(通称オバマケア)によってC型肝炎の有病率の高い無保険者が保険に加入するようになり、彼らも治療が始めやすくなること、などのさまざまなダイナミクスの中で、C型肝炎の患者数と医療費を、ステージ別、地域別、保険者別に予測しました。