日本の金利上昇リスク:生命保険激動の兆し? (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Stephen H. Conwill |  2013年6月25日

日本では金利が上昇中で、その結果、保険契約者行動が変化して生命保険業界に対する脅威となりそうです。日本の銀行に業界全ての市場シェアを奪われることもあり得ます。しかしスティーブ・コンウィルは、こうした危機がピークになる前に行動を起こした会社は、最終的にさらに強くさらに収益性が増すようなポジションを占める好機であると記しています。そのような会社は、その商品戦略、ALMやリスク管理の手法など、早急に改革を進める必要があります。

本文はこちら