会社概要

company history

会社略歴

ミリマンは、設立以来、保険数理コンサルティングの最前線で活躍しています。1940年代後期、著名なアクチュアリーであり保険業界での長年の経験を持つウェンデル・ミリマンが、米国北西部に初めての数理専門コンサルティング会社を設立しました。その後、若く優秀なアクチュアリーのスチュアート・A・ロバートソンが参加し、ミリマン&ロバートソン社を設立しました。これは、真に先見の明のある会社で、瞬く間に米国で最も影響力のある保険数理コンサルティング会社へと発展しました。

設立以来、ミリマンとロバートソンは、古いビジネスモデルに見られるような社外出資者や官僚による妨げなどに対してコンサルタントとしての独立性を堅持し、これを非常に尊重する独自の会社理念を創り上げ、育くんでまいりました。両人は、独立性とは、画期的で真に偏りのないコンサルティングを推進するものであり、それが革新的なソリューションや専門家として何者にもとらわれないアドバイスを求めるお客様を惹きつけると確信していました。また、慣習にとらわれない公平・公正な職場環境は、この業界で最も優秀な人材を呼び込むのにも役立つと感じていました。この手法は成功を収め、会社の評判は高まりました。

このダイナミックなビジネスモデルを長年展開してきたことにより、ミリマンがサービスを提供する市場における変化に対して、ミリマンがそれに対処しまた影響を与えるというユニークなポジションに自らを置くことになりました。ミリマンは、常にクライアントのニーズを第一に考えてきた結果、対象とするコンサルティング分野を拡げ、保険数理以外の重要なサービスを数多く手がけ、業界最先端のツールを開発し、グローバルなニーズにもシームレスに対応するコンサルティング会社へと大きく発展してきました。今日、創業者のビジョンと、その後を引き継いだ多くのプリンシパルの多大な貢献により、ミリマンは、70年以上も前に創業者が確立した業界を動かす原動力としての活躍を今も続けています。