IAS/IFRS


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards 、IFRS)に提案されている変更は、未払いの保険金負債の測定方法を、未払い保険金の点推定から期待キャッシュフローによる支払の割引価値に明示的リスクマージンを加えたものに変えるかもしれません。U.S. GAAPなどの他の財務報告基準も、長期的にはこれに倣うかもしれません。さらに、保険会社は、今日、個別の契約ラインにおいても会社全体としても、そのポートフォリオにおける損失の潜在的な変動性を定量化することをますます求めるようになっています。

ミリマンの洗練された確率論的モデリングツールは、そうした会計上の変更に従った財務諸表の準備のための割引、リスクマージン、また異なる契約ライン間の相関などの項目の計算に役立てることができます。

ミリマンは、様々なコンセプトを明瞭、簡潔、そして情報に富む方法でコミュニケーションし、お客様が十分な情報を得た上でより多くの経営上の意思決定ができるようお手伝いをします。

顧客事例:フィールド・テスト

ミリマンは、世界的な個人向け商品を扱う保険会社に対し、IFRSを公布する国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board、IASB)が実施したフィールドテスト・プロジェクトを支援しました。このフィールドテストは、IFRS公開草案に概説されている通り、複雑な統計計算を要しました。ミリマンは、その保険会社に対して、我々のソフトウェアであるReserve Variability Modeling™へのインプット用データを整え、IFRS公開草案に概説される手法のそれぞれを用いたリスクマージンを推計し、提案された会計上の変更および経営陣が選択した特定のリスクマージンの前提条件による長期的な損益計算書への潜在的な影響を理解する支援をしました。同社がタイムリーかつ包括的にフィールドテストを完了させるに当たり、ミリマンの能力および専門知識がお役に立ちました。

次のステップ