MG-ALFA — 高度な分析


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

保険業界は日々めまぐるしく変化しており、以前よりもはるかに洗練された計算機能が必要になっている上、計算サイクルもますます短期化しています。ソルベンシーII、エコノミック・キャピタル、MCEV、プリンシプル・ベース・リザーブはすべて確率論的計算を必要としており、当該評価額をプロジェクションするにはネスティッド・ストキャスティック計算も必要となります。

確率論的モデリングは、シナリオに応じて異なる値をとる確率変数を用いて、財務パフォーマンスを予測したり、将来の責任準備金や資本要件を予測したりするために用いられます。ネスティッド・ストキャスティック・モデルはその名の通り、確率論的モデルがその計算過程で別の確率論的モデルを使用するようなモデルです。プリンシプル・ベース・アプローチに基づく場合、責任準備金および資本は確率論的にバリュエーションすることが必要であり、したがって、将来各期の収益をプロジェクションするためには、将来各期末において確率論的プロジェクションを行うことが、すべてのシナリオで必要となります。ネスティッド・ストキャスティック・モデルは、保有契約の適切な管理、新商品のプライシング、収益予測、リスク測定といった様々な目的のために必要となります。

MG-ALFA®を使用すれば、今この時からこうした計算機能を利用することができます。

最近、複数ラインを有する大手の会社がMG-ALFAに移行し、全社をカバーするエコノミック・キャピタル・モデルを構築しました。ネスティッド・ストキャスティック機能を使用して契約種類ごとにエコノミック・キャピタル要件をプロジェクションし、さらに統合計算を行いました。これにより、契約種類間に内在するヘッジの効果を格付機関に示すことができました。MG-ALFAを使用することで、この会社は会社全体の資本要件を契約種類ごとの資本要件の単純合計に比べてはるかに低く抑えることができました。こうした帰結は、もちろん、個社の状況により異なります。